ブレストまで何マイル?
ロードバイクと共に過ごす日常。

BRM521興津600 敗因分析

5月 25th 2022 in bike, BRM

はじめに

2022年のBRM521神奈川600km興津は中間地点の伊那でDNFという結果に終わりました。
興津600は2度完走している好きなコースであり、直前の準備や走り込みもできており、よほどのことがない限りは完走できると考えていたためショックでした。

今後のために敗因分析を書き残しておくことにします。

推移(前半):設楽まで

週間予報では降水確率は30〜40%でしたが徐々に悪化し、前日時点では静岡県内の降水確率は90%。それでも一時的な雨となるはずでした。しかし、結果的には雨はほぼやまず、スタートからDNFまでずっとレインジャケットを着たままの走行をする羽目になりました。
興津600は本来風光明媚なコースなのですが、豪雨の中で走る天竜川沿いはただただつらいだけ。耐えて進むのみです。

それでも200km地点の設楽まではアベレージ20km/hを維持できており、自分にしてはかなり順調に進むことが出来ていました。この時点での貯金は3時間半ありました。
(貯金=ブルベ基準15km/hと到着時間のギャップ)


ランチ休憩は「第三村」表記の天竜二俣駅横のセブンでした。

推移(後半):新野峠〜伊那でのDNFまで

最大の難所である1089mの新野峠も前回と同様のペースでクリアできたものの、その後はペースが落ちていき、最終的に仮眠地点の伊那には前回から2時間遅れで到着。
貯金は2時間ちょっと残っていたものの、リスタートする気力が起きずにこの場所でDNFする結果となりました。

なぜDNFに至った?

では200km地点では3時間半あった貯金がなぜ2時間に減ったのか。また、仮眠場所到着時点で2時間という十分な余裕を持ちながらなぜDNFに至ったのか。その原因を整理してみます。

走行ログ比較

少しコースが異なりますが、2020年との比較をした表がこちら。

前回の走行ログとの比較からみた問題分析

  • 200km地点設楽までは前回比30分遅れだが、avg20k/hで到達できていた(問題なし)
  • 新野峠の登坂スピードは前回とほぼ同じ(問題なし)
  • 峠の下りから平坦区間にかけて、一気にペースダウンしている(ここが問題)

原因

  • 一日中続いた雨とヒルクライムでジャージ上下は汗でズブ濡れ状態。ヒルクライム中は体温が維持されており問題なかったものの、この状態で下り・平坦に突入して体が冷えてしまった(この時は寒く、くしゃみを連発していた)
  • 雨が継続しているためレインジャケットを脱げず、一時的に雨が上がった瞬間はあったもののジャージを乾燥させることができなかった。
  • 下り・平坦区間に推移した時間は日没の時刻とほぼ一致するため、体温の低下と同時に気温も急激に低下していった。
  • 気温が低下する中、全身ズブ濡れ状態で体温とモチベーションが低下し、前回は止まらなかった地点で2回も停止するなど一気にペースダウンした。(2箇所の追加停止時間が合計32分)
  • ズブ濡れ状態で体が冷えた状態かつ、雨+夜で視界がほとんどない状態の走行はあまりにもつらく、仮眠明けに再開する気力を失った。

(今から思えば、上記と全く同じ推移でDNFしたブルベが過去に2度もありました)

解決策

  • 雨ブルベであることが確定した段階で替えのジャージ一式やソックスなどを持参し、ズブ濡れ状態で下り基調の区間に入り体温が冷えてきたことを自覚した日没の時点で、服を着替えるべきだった
  • もし服をドライに替えた段階からペースを取り戻すことができていたら、貯金2時間半程度で仮眠地点に到達できた可能性がある。
  • 仮眠地点のすぐ近くにはコインランドリーもあった。濡れた服をコインランドリーに入れた上で仮眠をとり、乾いた服でリスタートすることができたなら、翌日に挽回出来た可能性も高い。

※個人的は長時間の雨・400km以上のブルベの場合のDNF率はかなり高いため、雨が一日中続く予報に変わったことを確認した上で日没前にDNFを決断してもよかったところです。しかし、新野峠まではかなりのハイペースで走行できていたので今回はこの判断は難しかったと言えます。

再発防止策

「濡れた装備での長時間走行は無理。この状態をなるべく避ける」

  • 400以上で雨ブルベとなりそうな場合には、着替えフルセットをジップロックに入れて持参しておく
  • 全身ズブ濡れ状態で日没を向かえたり、平坦・下り基調になる場合には早期にドライ装備に着替えて体制を立て直す
  • 仮眠時に服を乾かせるよう、あらかじめコインランドリーの場所を抑えておく

終わりに

「この程度の雨なら多分なんとかなる」という見込みの甘さにより雨対策を怠り、何度も雨でのDNFを経験しているにも関わらず同じ失敗に陥ってしまいました。
今後は雨を舐めず、走り切るための準備を徹底した上で、予定外の雨の場合には諦めて早期に撤退するといった判断ができるように、十分に事前の検討を行おうと思います。


Comments are closed.

封切り初日にバルト9でシン・エヴァンゲリオン劇場版:||を観てきました。エヴァを知ってから早25年。なんと四半世紀も経ってしまいました。前作のQはあまりピンとこなかったけれど、これだけ長い付き合いの作品の最終章ですから義理として見に行かないわけにはいかないだろう、くらいの気持ちでした。

見終えた今、圧倒されています。初回を見た後ですぐに気持ちを文章に残すつもりでしたが早くも2回観てしまいました。

※以下ネタバレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
■印象
これほど説明的で丁寧なエヴァは初めてでした。TVシリーズを含めた過去のすべてのエヴァンゲリオンという物語を完結させるという監督の強い意思を感じました。

TVシリーズと新劇場版はパラレルワールドであり、渚カヲルだけが複数の世界線のすべてを俯瞰しているということは以前から示唆されていました。今作ではシンジがすべての世界線を認識し、エヴァがなくても良い世界に再構築するというある意味では予想通りの結末でした。まどかマギカの結末が同じものだったので、先にやられてエヴァの終え方が難しくなったのではと感じていましたが、ほぼ同じ展開でした。(エヴァQからシンまで8年の間が開いているのは、まどマギと時間を空けたかったことも一つの理由なのでは、と感じます)

しかし、すべてのエヴァ世界とキャラクターへの愛に溢れた展開はエヴァファンを満足させる圧倒的なものでした。すべてのお話にケリを付け、全てのキャラクターにありがとうと言って周ったかのような丁寧なストーリーとエンディング。
映画を見終えたファンが満足しきってしまい、まるで皆がLCLに溶けたような満たされた感覚のまま無言となりました。
人類は補完されたのです。
■内容について
TV版のエヴァは、思春期の少年が自己と他者の違いに気づき、怯え、他者と異なる自己がいても良いのだと、少しだけ肯定するまでの悩みの物語でした。シンジの心象風景を比喩的に表現したものがエヴァンゲリオンという物語であり、心の有り様一つで「エヴァンゲリオン」は出現しない、異なる世界が作れるのだとシンジが気づくところで物語が終わりました。

しかし新劇場版では、シンジは序の時点からTVシリーズの時ほどは他者と自己の関係に悩んでいませんでした。彼は悩みながらも自己の決断に責任を持つ覚悟を持つ頼もしい少年でした。
そうなると、そもそもシンジの悪夢のメタファーであるエヴァンゲリオンという物語が存在する理由がありません。序・破・Qと進むにつれて、シンジもアスカもレイさえも心の有り様に悩んでいない状況であることがわかり、新劇場版は何の物語なのかがわからなくなってきました。
シン・エヴァではカヲルからシンジに対して「君はとっくに立ち直っていた」と語られるほど、シンジは自立していました。

シン・エヴァでは、誰よりも打ちひしがれているのがゲンドウであることが明確に描かれました。旧作は初めての他者を怖がっていたシンジの物語であり、新劇場版は唯一心を許した他者を失ったゲンドウの苦悩の物語だったのかもしれません。

新劇場版の宇多田ヒカルの歌詞はエヴァのものとしてはピンと来ないと感じることもあったのですが、ゲンドウのユイへの気持ちを歌ったものなのだと考えると納得です。

<Beautiful world>
もしも願い一つだけ叶うなら
君の側で眠らせて
どんな場所でもいいよ
Beautiful world 迷わず君だけを見つめている

<桜流し>
もし今の私を見れたなら
どう思うでしょう
あなた無しで生きてる私を

<One Last Kiss>
もう分かっているよ
この世の終わりでも
年をとっても
忘れられない人
■補足
トップをねらえ!を彷彿とさせるシーンが多かったことなど、Qを観た時の予想は案外当たっていたように思います。
(時間軸のズレ、白いプラグスーツを着た後ろ姿の二人が並ぶシーン、2つのマシンが無数の怪獣を蹴散らして宇宙の中心に突進するシーン、など裏宇宙のシーン全般)

「おかえりなさい」はなくとも、新弐と8号機でイナズマキックくらいはしてもよかったんじゃないかなあ。
■アスカについて
圧倒的な満足感と感動を覚えた今作ですが、唯一ラストシーンがシンジxマリだったことには強い違和感を感じました。

マリとシンジはラストシーン直前で自己紹介をする程度の薄い関係でしかありません。
庵野監督によればともすれば同じ物語になってしまうエヴァを壊す目的で新キャラクターのマリを投入したそうです。シンジがエヴァのない世界を作り歩んでいくためには、これまで関わりのあった女性(アスカ、レイ、ミサト)とではなく、新たな人と関係性を築いていかなければならない。その意味でのマリだったのだろうと思います。

ということはわかるものの、これまでのアスカとシンジの物語はどうなるんだともやもやした気持ちがありました。しかし、二度見てシンジがラストシーンでいわゆる「アルティメットまどか」のポジションになったことを理解し、最後の浜辺に横たわっていたアスカが旧劇場版のプラグスーツを着ていたことで納得しました。

裏宇宙のシーンで登場するキャラクターは、TVシリーズや新劇場版など、全ての世界線・パラレルワールドの記憶を統合した概念のようでしたので、あのシーンのアスカは惣流や式波など、全てのパターンの「アスカ」というキャラクターの思念を統合した存在だと考えられます。

TVシリーズ・新劇場版通してシンジにアプローチし続けていたアスカ。シンでは死装束に身を包んで最後にわざわざシンジに告白しにきたアスカ。あの浜辺のシーンは、それらのすべてのアスカに対して「好きだったよ」とシンジが言いに行く、すべてのアスカが救われた感動的なシーンでした。
ちなみに28歳バージョンだったので、エヴァの呪縛が解けていた状態だったのでしょう。

宇部新駅のプラットフォームではシンジとマリ、カヲルとレイがカップルとして登場する中、アスカは一人で左端に座っていました。新劇場版ではケンスケといるときも私は独りと言い続け、14年前に好きだった少年を忘れられないまま大人になっていたアスカですが、統合された世界ではどうなるのか。

シン・エヴァからは、エヴァを終えて現実に還りなさいという監督の強いメッセージを感じます。そのメッセージのためにはシンジはアスカではなく新キャラと歩まなければならなかった。
しかし、ラストシーンにケンスケがいなかったのは、多少アスカとファンを気遣ってくれたようにも感じました。
■最後に
今作はシンジ、アスカ、レイ、ミサト、ゲンドウなどの全てのキャラクターとファンに対して、そしてパンフレットの記述を読むとおそらくは演者に対しても、監督の強い優しさを感じる内容でした。全てのストーリーとキャラクターに対して、監督がありがとうと言っているような錯覚を覚えました。

ありがとう、庵野監督。
アスカ、シンジ、そしてすべてのエヴァンゲリオンにありがとう。

Previous Entry

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 車ブログへ