cleyera.org
ロードバイクと共に過ごす日常を綴ってみます。

BRM510宇都宮400銚子

5月 12th 2014 in BRM

1月に初ブルベを経験し、その後申し込んだブルベにいくつか参加。予定が入って参加辞退=DNSすることもありましたが、3回参加、3回完走はブルベ初年度としては上出来ではないかと思います。

200km、300kmは完走できたので今回は更に距離を伸ばして400kmにチャレンジ。


宇都宮市森林公園に3時集合、4時スタート。最低気温は10度の予報でしたがGarmin計測では3度。どうもブルベのスタート地点は気温が低い場所になる傾向がある気がします。


PC1。まだまだ余裕です。地図で見ると茨城県の水戸線玉戸駅の近くらしい。


このコースは全体を通じてかなりフラットで走りやすかった。前に参加した300kmよりも消費カロリーが少なかったです。


さくさく進んで牛久のPC2。


霞ヶ浦を横切ってPC3。140km地点。


銚子のPC4。ブルベの写真はコンビニばかりになるのが困りものです。Google Glassで走りながら気軽に撮影できる日が待ち遠しい。
このブルベの副題は「銚子で海鮮丼を食べよう」でしたが、時間が気になってコンビニで済ませてしまいました。海鮮丼、食べておけばよかった。


銚子で折り返して再び宇都宮に向かいます。帰りは利根川CRの区間が長く、この景色がずーーーーーーっと続くのでした。走りやすい道ですが、景色の変化が全くなくとても飽きました…。


ある程度上流に行くと牛が放牧されていたり。


PC5。ここで日が暮れます。
この後はナイトブルベとなり、他の人ともはぐれてどこを進んでいるのかもわからず、不安感と尻の痛みで大きくペースダウン。それまでは25kphで進んでいましたが、PC6までの区間はなんと15kphでした。今回の魔の区間だったと言えます。
バッテリーを節約するためにOFFにしていたGarminのバックライトをONにして、サドルカバーをつけて尻の痛みを緩和することでPC6からゴールまでは多少ペースが戻り、20kph前後で進むことができました。


森林公園のサイクリングターミナルでゴール!
22時間かかりましたが、なんとか400kmブルベを完走できました。

今回の反省点は、ナイトブルベと尻の痛み対策でした。
以前夜を走った際はある程度交通量があり明るかったことと、他の人についていけたことから楽に走れていましたが、真っ暗闇の利根川CRを一人で走るのはとても不安で怖かったです。HL-EL540とGENTOS閃のフロント2灯では不足だと感じました。

昼間は走りながらキューシートを確認できますが、夜はキューシートを見るのも一苦労。Garminは夜にこそ活躍することがわかりました。オートリルートがONになっていた時には使えない機械だなーと思っていましたが、OFFにすると本来の性能が得られます。買っておいてよかったとしみじみ実感。ありがとうGarmin先生。今回、Garminなしでは完走できなかったと思います。

気になっていた腰痛と膝痛は、姿勢を気をつけたりガニ股にならないようにしていたところ、大きな痛みもなく完走。登りが少なかったことも良かったようです。
しかし、尻の痛みが大きな問題になりました。夜になってペースがダウンした際に、だらだらと走ってしまったのでサドルへの荷重が大きくなり、尻が痛くなり、さらにだらだら走ってしまうという悪循環になってしまった気がします。
フォームを意識しないといけないと痛感。脇を閉めて腹筋に力を入れると腰への負担もすくなく良いフォームになっていたような気がしました。

あとは、レシートを見ると飲み物と合わせて50kmおきに700kcalほど補給していましたがこれはやりすぎだと感じます。食べることに飽き、胃も疲れました。次回は500kcal/50km以下くらいで補給していきたいです。

さて、200km, 300km, 400kmを完走できたので、後は600kmを走ればSRなのですがまだエントリーしていません。どうしようかな。





required



required - won't be displayed


Your Comment:

ロードバイクを購入して丁度一年。ブログには書けていませんが、2014年初めからブルベ三本を完走できました。高価なおもちゃですが、すぐ飽きるどころか乗ることがどんどん楽しくなっている状況に満足しています。

積算距離は2000km足らずなので少し早いですが、気分を一新してロードバイク二年目を迎えるべくタイヤとバーテープを交換してみました。

before(2013年4月。購入直後)

after

バーテープを赤に、タイヤを定評のあるContinental Grand Prix 4000S2のレッドにしてみました。より赤くなって速そうな雰囲気?になった、ような。

また、ブルベを走って腰や膝が痛くなることがあったため、今回はポジションを診てもらい、調整をいれました。
サドルを上げ、ステムを交換してハンドルを高く・遠くして、ビンディングシューズとクリートの間に傾きをつけるシムをいれています。足の角度が変わるのでガニ股になってしまっていたペダリングが改善されるらしい。いろいろフォームをいじったので次のブルベが楽しみです。

一年経ちましたが、R838に満足しているので二台目を買う気はまだないのでした。ちょっと高かったですが、気に入ったものを買うことは大切ですね。

Previous Entry

一ヶ月前になりますが、アルプスあづみのセンチュリーライド2014に参加してきました。最高に楽しいイベントでした。
内容を忘れかけてますが、これ以上経つと書けなくなるので記録を残しておきます。

車検を行って中央道を飛ばし、前日受けつけ締め切り10分前に到着。全然人がいないです。

マラソン大会と同じく、お店が沢山出ていました。ブルベばかり参加していたので新鮮です。

取り敢えず写真スポットで一枚。

さて当日。3組は6時40分スタートのはずなのですが長蛇の列。スタートできたのは7時過ぎでした。制限時間内にゴールできるのか、最初からちょっと焦ります。

司会の人が4人ずつスタートさせていました。一度にスタートすると長大なトレインとなって迷惑にもなりかねないので、仕方がないところです。

急いで走って最初の穂高エイドに到着。

信濃銘菓あずさをぱくり。

さくさく走って次の大町エイドは・・

噂の味噌おにぎり!。確かに美味しかった。

途中のビューポイントでいしこうさんをお見かけしたのでご挨拶。ツイッターで宿を教えて頂きました。ありがとうございました。イベント中、いしこうさんトレインに乗ったり抜かれたりと、この後何度もお見かけすることに。速かったー。

次のエイドはー

漬物バイキング!
この大町温泉郷エイドでブルベを教わったお師匠様に遭遇。AACRで会う約束が果たせました。

エイドごとの通過距離の目安が掲載されていました。至れり尽くせりですね。

マヴィックカーも出ていたり。ゴージャスだなあ。

わかりずらいですが、割りと坂道。AACRは適度な平地と坂道、美しく飽きが来ない景色など、素晴らしいコースでした。人気なのもうなづけます。1組は7分で締め切りだったとか。

次の美麻エイドはバイクラックがはしごでした。意外に綺麗にまとまっちゃう。
ここで、いつもお世話になっている@Nullpo_defaultさんと合流。一緒に走ってもらえることに。昨年の三浦120以来です。更に盛り上がってきました。

美麻エイドの後が最大の登りです。どうにか登っている横を涼しい顔で進む@Nullpo_default氏。さすがです。

ビューポイント。もう少し雲がなければさらに良い景色なのだとか。

名物のジェラート屋さんに寄るも、直前で売り切れ!12時前だったのに。。。
AACRでジェラートを食べるにはエントリー峠を越えて1組で走る必要があるようです。来年は食べてみたい。

折り返しの白馬エイドではおこわと豚汁を頂きます。

ジャンプ台をみながらのんびりお食事。最高の気分です。

さくさく進んで・・・

有名なYショップニシに立ち寄り。長蛇の列だったので律儀にならんで

おやきと梅ジュースを頂きます。白馬エイドとここでのんびりしすぎてしまい、気が付くと、段々制限時間が迫ってきました。

この後は平地だったのでかなり飛ばし、エイドも立ち寄らずに遅れを取り戻すも・・

ソフトクリーム屋さんがあったので立ち寄りw
ここでも長蛇の列でした。次のエイドの制限時間まであと20分ですよーとの声が飛んでも、みんな行列から離れようとしないのが面白い。制限時間の9分前にポイントは通過することができました。ギリギリです。

なんとか制限時間30分前に無事ゴール!

完走証とおめでタイ焼きをゲット!

それにしてもろんぐらいだぁすジャージの多いこと。最大勢力でした。

スタート&ゴール地点が駐車場なので撤収はスムーズ。おつかれさまでしたー。

初めて参加したAACRのは、エイドの食べ物だけでなく沿道のお店のグルメが充実しており、コースも良く、サポートも充実していた素晴らしいイベントでした。最後尾付近の人にスペシャライズドのサポートライダーがついていたのが印象的です。自分の中でスペシャライズドの株があがりました。

これまでブルベばかりに参加していたので、普通のイベントであるAACRはとても新鮮でした。来年は1組で参加してジェラートを食べると宣言しておきます。

Next Entry

タグ