cleyera.org
ロードバイクと共に過ごす日常を綴ってみます。

Pandaniとルコック・スポルティフ

5月 26th 2013 in 未分類

荒川CRを走っていると色鮮やかなサイクルジャージを沢山見かけます。派手な見た目のものが多いですが、何度も見かけているとそれが普通の服に見えてくるから不思議。

数時間走っているとかなり汗をかくので、夏場を迎えるにあたり普通のポロシャツでは厳しいところです。ということで、そろそろ見慣れてきたサイクルジャージを揃えることにしました。

 

いろいろ悩みましたが、原宿と青山を回ってPandaniとルコック・スポルティフを一着ずつゲット。

この他、wiigleでdhdのサイクリングショーツも購入。上下2セットになったので、しばらくはこれで十分です。

Raphaのジャージも魅力的です。来月に期間限定で路面店ができるようなのでもう一着買ってしまうかもしれません。ポールスミスデザインの限定ジャージ、Rapha + Paul Smith Black Jerseyが欲しかったのですが売り切れなのです。再入荷しないかなあ。

 

ルコック・スポルティフで防水性の小銭入れが売っていたのでついでに購入。サイクルジャージの背中のポケットに収まる調度良いサイズです。これまではジップロックにお金を入れていましたが、これで大分スマートになりました。

 

サイクルジャージは結構いいお値段でしたが、良いものが買えて満足です。





required



required - won't be displayed


Your Comment:

ロードバイクを買ったらいつかはやってみたいなあと思っていたこちらのブログの記事。荒川サイクリングロードを上流に上っていって、雰囲気の良さそうなイタリアンのお店に行く内容です。ここまで行くと未知の距離である往復100kmを超える可能性が高いのですが、思い切って挑戦してみました。

 

まずはいつもの江北橋から荒川サイクリングロードにIN。太陽の光が当たるとフレームの赤が朱色に映ってしまうのが残念。荒川CRの東京都内は、道に橋の名前が書かれていてわかりやすいですね。

 

今回は時間がなく立ち寄れなかった榎本牧場の牛さん。独特の匂いと共に唐突に現れます。

 

秋ヶ瀬公園以北は初めてだったので道がわからず、いつの間にか県央ふれあいんぐロードに入ってしまいました。道が細く、直線区間が少なく、生活道路が混ざっていて気を抜くとサイクリングロードを外れてしまったりと四苦八苦。ランチタイムの14時までに到着できるかどうかの際どいところだったので気をもみましたが、なんとか13時30分に目的地のアドマーニに到着!

自宅から63km、所要時間3時半でした。かなりの追い風だったので、普段だともう少し時間がかかりそうです。

 

迷った末、ランチメニューではなく本日のピッツァに。急がなくてもよかったかも…。ピッツァは生地がもちもちぱりっとしていてとても美味しかった。わざわざここまで来る価値がある、と言えるかも。(ロードに3時間半も乗った後ではなんでも美味しくなるような気もしますが。)

撮影が下手で暗くなってしまいましたが、店内は明るく開放感があって良い雰囲気です。

 

 

本日の最遠到達点です。海から58km……改めて見ると、遠い。

 

本日の走行ルート。文京区〜北本のアドマーニ往復で127kmでした。

今回は初めての場所だったこともあり、迷いに迷いました。行きは荒川左岸だったので、帰路は右岸に行こうと道を探すも見つからず。

 

道に迷って右往左往する結果となってしまいました。10km以上はロスしています。見つけられなかっただけなのかもしれませんが、この場所には荒川右岸にサイクリングロードはないようでした。自宅から最も離れた場所で迷うと不安になるものです。結局、来た道で帰りました。

 

本日の反省点は、迷った!の一言に付きます。秋ヶ瀬公園から左岸を走りましたが、細く狭くわかりにくく、均一なペースで走ることができなかったのが残念です。WikiPedia先生によると「上江橋で荒川の左岸から離れて入間川と荒川の間の背割堤に入り、開平橋まで天端を通る」といいらしいので、荒川サイクリングロードを初めて走る方は、ルートをよく下調べしてから走ることをおすすめします。荒川サイクリングロードは、河口から秋ヶ瀬公園までは何も考えなくても良く、広く快適な道なのですが、その後がかなりわかりにくいです。

 

本日の走行距離:127.68km

所要時間:5時間47分

平均速度:22.05km/h

消費カロリー:3787kcal

DE ROSA R838 積算距離:413.4km

 

最長記録の127.68kmを走りながら、平均速度も過去最速で、帰路は強烈な向い風だったにも関わらず初めて20km/hを超えました。少しずつ、身体がロードバイクに馴染んできたようです。ケイデンス、あげなきゃ。

Previous Entry

荒川、江戸川を走ってみたので、今回は多摩川に遠征してみました。

 

自宅から多摩川までは約20km。ちょっと遠いですがR246をがーっと進んで、二子玉川の二子橋から多摩川に合流。

 

多摩川は川幅が広く緑豊かで、実に爽快に走れます。サイクリングロードの幅が狭く、人通りが多いので狛江あたりまでは注意が必要な感じでした。

 

噂の「たまリバー」表示。そのうち、河口のゼロ地点から走ってみたいものです。

 

多摩川はかなり上流に行っても市街地が多いからか、バーベキューをしていたりイベントが開催されていたりととても賑やかです。

 

消防署の「ポンプ操法大会」が開催されていたり

 

レスキューの演習イベント?が開催されていたり。ヘリがホバリングして人を救助する演習をやっていました。

 

馬がいたり。

 

さて、多摩川サイクリングロードを走るにあたり下調べしたところ、多摩川には2つの難所があるようでした。下流から見て一つ目が狛江市の未舗装区間、通称「狛江ダート」。2つ目が、悪名高い調布市の速度対策の「段差舗装」です。今回は初めてだったので、往路はそのまま走ってみて、復路は迂回路を選択してみました。

 

「狛江ダート」の迂回路。こちらのブログを参考にさせていただきました。上のラインが迂回路、下のラインが多摩川サイクリングロードです。

下流から進んで東名高速を超えるといくつか短い未舗装区間があります。これらは直進してもそれほど長い区間ではないし、土手の下に迂回してすぐ戻ればよいのですが、上記の区間は長いので迂回が必須です。ダートが現れたら右折して一般道に入って上記の道を進むと、それほど迷わずに和泉多摩川駅の手前で多摩川に戻ることができます。

後述の段差よりも、こちらの未舗装区間の方が曲者だと感じました。MTBならともかく、ロードバイクの細いタイヤではハンドルを取られてかなり辛いです。

 

段差舗装の迂回路。こちらのルートを参考にしました。こちらのブログに詳しいですが、段差舗装区間が始まる地点に看板があるのですぐにわかります。

この段差舗装のことはネットでよく読んでいたので、どんな恐ろしいものなのだろうとびくびくしながら走ってみましたが、狛江ダートよりも楽に進める印象です。路面を注意深く見て、段差舗装が現れたら時速10km/h程度まで速度を落とせばそれほど問題なく通過できました。区間が短く迂回するほうが面倒でしたので、以後ここはそのまま直進すると思います。

 

などと試行錯誤しているうちに多摩サイの有名な休憩スポット、ワイズロード府中多摩川店に到着。セブンイレブンが隣接していてとても便利。サイクリングロード上に休憩しているローディーが何人も居ました。荒川CRでは自販機一つ見つけるのも至難の業ですが、多摩川サイクリングロードにはコンビニがあったり、自販機などはいくらでも見つけられたりと、とても快適です。

 

またしばらく走ると、昭島市のくじら運動公園が見えてきます。かつてこの付近に住んでいたのでとても懐かしい。二十数年ぶりに訪れてみました。

 

小学生の頃、このグラウンドでサッカーの試合をやったなあ。

 

恒例の河川名表示の看板。後ろは八高線の高架橋です。

 

楽しく走って、本日の目的地の福生のビール小屋に到着!

 

本日の肉料理をいただきました。上品な味です。もうちょっと量が多いものを選んでもよかったかも。

 

復路は寄り道やよそ見がないので大抵短時間で帰ってきます。二子橋まで帰ってくると一安心。

 

本日の走行ルート。文京区からだと多摩川までたどり着くのがちょっと大変です。山手通りを使うと、道幅が広く舗装が綺麗なので比較的楽でした。

 

多摩川サイクリングロードは荒川CR、江戸川CRに比べて、開放感があり、景色も美しく、飲み物にも困らない快適な場所でした。懸念していた区間も狛江ダートを迂回して段差区間を注意深く進めば、あとは何も考えず走ることができます。道に迷う心配も皆無でした。

道幅が狭いのが難点ですが、走っていて楽しい自転車道だと言えます。人気があるのもうなずけますね。

 

本日の走行距離:108.14km

所要時間:4時間53分

平均速度:22.07km/h

消費カロリー:3254kcal

DE ROSA R838 積算距離:523.8km

Next Entry

タグ