cleyera.org
ロードバイクと共に過ごす日常を綴ってみます。

荒川CRグルメ 古民家うどん屋さん

5月 12th 2013 in 未分類

日曜は明け方に雨がやんだので恒例の荒川CR。R838でのツーリングも4回目になり、徐々に慣れてきたような気がします。

上記は装備品の一部です。

 

現在の日帰りツーリングの持ち物はこんなところです。

・装備:ヘルメット、キャップ、グローブ、ボトル

・ヒップバッグに収納:カメラ(GRD3)、小銭、薬、チェーンロック、iPhone、ティッシュ、ウェットティッシュ、エネループ、携帯ポンプ

・サドルバッグに収納:替えチューブとパンク修理用具、ツールキット、CO2ボンベセット

 

荒川サイクリングロードを走っている他のローディーを見ていると、自分は荷物が多すぎるような気がしてきました。エネループとかCO2ボンベとかは不要かも。サイクルジャージの背中のポケットとサドルバッグだけにしたいところです。

まあ、その前にまずサイクルジャージを買わないといけないのですが…。

 

荒川サイクリングロードへの侵入地点の江北橋付近で一枚。すっごくいい天気です。

 

さくさく走っていきなり本日の目的地、田舎うどん てつに到着。

古民家風、というよりは古民家そのものの佇まいです。店内も座敷をそのまま使った作りになっており、なんとなく落ち着く良い雰囲気のお店でした。

 

天ぷら付特だれうどん(1200円)を注文。もちもちした長い麺が美味しいです。天ぷらもしっかりしたもので満足できました。ロードバイク駐輪用のバーがあったので、荒川サイクリングロードを走っているローディーには知られたお店のようです。

 

本日の走行ルート。70kmでした。行き・帰り共に向い風だったのでなかなか進まず苦労しました。まず、70程度しか回せていないケイデンスを上げられるように努力しないといけません。





required



required - won't be displayed


Your Comment:

GWにもう一本と思い再び荒川サイクリングロードへ。本当は荒川上流に向かいたかったのですが、復路が向い風になりそうだったので下流に向かうことにしました。 行きは向い風だったのですが、まだ疲労がないので軽めのギアでケイデンスを上げてさくさく進みます。4月中旬に通った時には工事中で迂回せざるを得なかった千住大橋付近も通れるようになっていて快適に河口まで行けました。

 

荒川河口地点は実に気持ち良いです。ローディーの方々が溜まっていました。

 

一息ついた後に気づきましたが、実はこの河口地点は行き止まりです。仕方なく永代通りまで戻って明治通りを南に進んで、首都高を右折して本日の折り返し地点のお台場へ向かいます。

予想時間ぴったりくアクアシティ付近に到着しましたが、ゴールデンウィーク中のお台場は観光客でごった返していて汗臭い格好でうろつくような場所ではありませんでした。それほどお腹も減っていないのでがっつり食べる気にもならず、どうしようかなと迷った結果

 

こういうお昼ごはんにしました。運動した後のおにぎりって本当に美味しい。本当はロードバイク&グルメ日記にしたいところなのですが、それは次回以降にすることにしましょう。。

 

軽く休憩した後、来た道を引き返して今度は江戸川に向かいます。江戸川サイクリングロードは初めて。

 

ということで、舞浜大橋付近の旧江戸川河口に到着。江戸川は雄大ですね。この時点で16時30分。日が陰り始めているのがわかります。

 

この後、旧江戸川から江戸川に入り、休みなくがーっと一気に遡上。

 

なんとか目的地の水元公園に着きました。しかし、日没時間が近くこんな空でした。自宅を出る時間が昼過ぎだったのでちょっと無茶な日程だったようです。

 

江戸川サイクリングロードを初めて走りましたがとても快適でした。旧江戸川区間は塀の横の狭い道だったので人が来ると減速しないといけなかったり、時々道が切れるので迂回したりとちょっと面倒ですが、舗装が良いので快適に走ることができます。江戸川に合流した後の河川敷のサイクリングロードは堤防の上で開放感たっぷり。 道の幅という意味では荒川サイクリングロードのほうが遥かに広いので安心ですが、江戸川も楽しいものですね。

 

帰りの水元公園から荒川サイクリングロードへのルートは国道6号をつかいましたが、サイクリングロードの快適さになれると一般道がとても不快で疲れます。水元公園から荒川へはもっと楽に行くルートもあったようなので、次はこちらを参考にさせていただこうと思います。

 

今回の走行ルート。文京区〜荒川CR〜お台場〜江戸川CR〜水元公園〜文京区で、合計92kmでした。

Previous Entry

ロードバイクを買ったらいつかはやってみたいなあと思っていたこちらのブログの記事。荒川サイクリングロードを上流に上っていって、雰囲気の良さそうなイタリアンのお店に行く内容です。ここまで行くと未知の距離である往復100kmを超える可能性が高いのですが、思い切って挑戦してみました。

 

まずはいつもの江北橋から荒川サイクリングロードにIN。太陽の光が当たるとフレームの赤が朱色に映ってしまうのが残念。荒川CRの東京都内は、道に橋の名前が書かれていてわかりやすいですね。

 

今回は時間がなく立ち寄れなかった榎本牧場の牛さん。独特の匂いと共に唐突に現れます。

 

秋ヶ瀬公園以北は初めてだったので道がわからず、いつの間にか県央ふれあいんぐロードに入ってしまいました。道が細く、直線区間が少なく、生活道路が混ざっていて気を抜くとサイクリングロードを外れてしまったりと四苦八苦。ランチタイムの14時までに到着できるかどうかの際どいところだったので気をもみましたが、なんとか13時30分に目的地のアドマーニに到着!

自宅から63km、所要時間3時半でした。かなりの追い風だったので、普段だともう少し時間がかかりそうです。

 

迷った末、ランチメニューではなく本日のピッツァに。急がなくてもよかったかも…。ピッツァは生地がもちもちぱりっとしていてとても美味しかった。わざわざここまで来る価値がある、と言えるかも。(ロードに3時間半も乗った後ではなんでも美味しくなるような気もしますが。)

撮影が下手で暗くなってしまいましたが、店内は明るく開放感があって良い雰囲気です。

 

 

本日の最遠到達点です。海から58km……改めて見ると、遠い。

 

本日の走行ルート。文京区〜北本のアドマーニ往復で127kmでした。

今回は初めての場所だったこともあり、迷いに迷いました。行きは荒川左岸だったので、帰路は右岸に行こうと道を探すも見つからず。

 

道に迷って右往左往する結果となってしまいました。10km以上はロスしています。見つけられなかっただけなのかもしれませんが、この場所には荒川右岸にサイクリングロードはないようでした。自宅から最も離れた場所で迷うと不安になるものです。結局、来た道で帰りました。

 

本日の反省点は、迷った!の一言に付きます。秋ヶ瀬公園から左岸を走りましたが、細く狭くわかりにくく、均一なペースで走ることができなかったのが残念です。WikiPedia先生によると「上江橋で荒川の左岸から離れて入間川と荒川の間の背割堤に入り、開平橋まで天端を通る」といいらしいので、荒川サイクリングロードを初めて走る方は、ルートをよく下調べしてから走ることをおすすめします。荒川サイクリングロードは、河口から秋ヶ瀬公園までは何も考えなくても良く、広く快適な道なのですが、その後がかなりわかりにくいです。

 

本日の走行距離:127.68km

所要時間:5時間47分

平均速度:22.05km/h

消費カロリー:3787kcal

DE ROSA R838 積算距離:413.4km

 

最長記録の127.68kmを走りながら、平均速度も過去最速で、帰路は強烈な向い風だったにも関わらず初めて20km/hを超えました。少しずつ、身体がロードバイクに馴染んできたようです。ケイデンス、あげなきゃ。

Next Entry

タグ